ミレイネのお菓子-さくさくクッキ―編 vol.3【ota】

よみもの
この記事は約2分で読めます。
ミレイネのクッキーは、全9種。さまざまな味わいだけでなく、「さくさく」「かりかり」「ほろほろ」の3つの食感からもお選びいただけます。その食感は、美味しさと身体へのやさしさを考え、厳選した材料や製法で生み出されます。今回は、3つの食感のなかでも油分や糖分をひかえめにさっぱりとつくる「さくさくクッキー」をご紹介します。

Vol.3「身体を温める陽性食材【醤油】」

さくさくクッキーの材料はシンプル。国産無農薬小麦粉、未精製甜菜糖、圧縮菜種油、水、そして3種の味わいに合わせた材料がそれぞれプラスされます。さくさくクッキー【醤油】には、片栗粉、米粉、そして本醸造の醤油が加わります。9種のクッキーの中で唯一、塩味を加えた一品。本醸造の醤油の香りと塩気、控えめな甘みが溶け合う、さっぱりとしたチーズクッキーのような美味しさです。
ところで、醤油は身体を温めると言われることをご存じでしょうか。

東洋医学の根幹をなす「陰陽論」では、万物が陰陽に分けられ、均衡をとりながら存在すると考えられています。食材にも、身体を冷やす「陰性」と温める「陽性」があり、たとえば砂糖は陰性、塩や醤油は陽性に属するというのです。また、温暖な環境で採れる食材は陰性、寒冷な環境で採れる食材は陽性に入る傾向が。そして体調や時候に合わせ陰陽を調える(中庸を保つ)と、健康になれるのだといいます。
さて、サクサククッキー【醤油】の原材料を見返すと、醤油のほか、陽性ではないものの東北や北海道で採れる無農薬小麦粉や未精製甜菜糖が目につきます。暖かい地域で採れる外国産の小麦やサトウキビを原料としたクッキーよりも、身体を冷やしにくいと言えそう。

大寒の候、クッキー選びに迷ったら、お醤油、おすすめです。

 

パッケージへのこだわり
ミレイネ・実店舗のガラス戸を模ったアールの窓からクッキーが覗く、黒い紙箱。クッキーをぴっちりと収めるミニマルなデザインは、見た目の美しさだけでなく、こんな「嬉しい」を求めて生まれました。
・クッキーを割れにくくする
・酸化の原因となる酸素や光線からクッキーを守る→身体にやさしく、保存料なしでも日持ちする状態で提供
・送料の負担が少ないポストインで発送できる
・海洋汚染を助長するプラスチックの使用を削減

郵送での贈り物には「品物が壊れないか」「食品が傷まないか」といった不安がつきものですが、ミレイネのクッキーなら安心です。
お買い物をするときにこちらのコードを入力すると「ota」さんの応援になり、購入者様も3%オフでご購入いただけます。
TB25HYQ7

Pocket

タイトルとURLをコピーしました